必見!日本初上陸【スノーアート】青森の歩き方Vol.4 | おでかけガイド | 国内旅行情報サイトの「日本の歩き方」

必見!日本初上陸【スノーアート】青森の歩き方Vol.4

  • 投稿日:2015年11月19日
紹介

冬の青森って何があるの…?答えはそう、雪!
今回は北国ならでは、冬の芸術・日本初上陸の『スノーアート』を御紹介します。

世界で唯一人のスノーアーティスト
【サイモン・ベック氏】の技を伝授!

巨大な雪の芸術作品、一番奥に人影が見える

「スノーアート」とは人の足で雪を踏み固めて描く壮大なアート。サッカー場2~3面分の広さをキャンバスに幾何学模様を描いていきます。
道具はオリエンテーリングコンパスとスノーシュー、メジャーと目印用のポール。

下書きなしで描いていく世界で唯一のスノーア-ティストがイギリス在住のサイモン・ベック(Simon Beck)氏。
1つの作品にかかる時間は6~9時間。
太陽の光を受けることで陰影が美しく、また夕日に照らされると鮮やかな色彩が生まれます。
そして、雪が降るとあっという間に消えてしまう、日本人独特の感性「儚い」という言葉もにあうアートなのです。

世界でただ一人のスノーアーティスト「サイモン・ベック」氏

海外での様子

『制作秘話』
①実は制作中に一番困るのがトイレ。スノーアートは一筆書きの要領で模様を描くため、トイレに行くには来た道を戻らなければならないのだとか。
②制作中はバナナ・コーラ・チョコレートクッキーが必須アイテム。2015年来日時はモツ煮込みと日本酒を気に入られたそうです。

二〇一六年二月初公開!
田舎館村【冬の田んぼアート】

2015年3月に田舎館村で試作したスノーアート(試作中)

2016年2月に青森県・道の駅いなかだて「弥生の里」にサイモン氏の「スノーアート」が日本初上陸します。
2015年にサイモンさんが下見のため来日し、田舎館村でスノーアートを指導しながら、試作品を作ってみました。
そして、2016年と2017年の2年間にわたりサイモンさんが再び来日、スノーアートを制作します。更にこの2年間でサイモンさんから指導を受けるスノーアーティストの育成をするとのこと。
話題の「スノーアート」。この冬は一体どんな作品が見られるのか今から楽しみです♪

【イベント「冬の田んぼアート」開催】
日時:2016年2月6日(土)~2月14日(日)
場所:道の駅いなかだて「弥生の里」
内容:サイモン ベック氏が制作した日本初上陸の「スノーアート」を「弥生の里展望所」から観覧できます。(展望所入場料200円)
その他、大人から子どもまで楽しめる、雪の体験がたくさん!是非遊びに来てください!
(日本の歩き方/荒川)

雪かき検定の様子

冬の田んぼアート(道の駅いなかだて「弥生の里」)

  • 〒038-1111 青森県南津軽郡田舎館村大字高樋字八幡10
  • (0172)32-2407(青森県中南地域県民局)
  • (最終更新日:2015年11月17日)

クイズに答えて
「青森県内宿泊券」を当てよう!

青森県に関するクイズに答えて正解された方の中から抽選で5名様に青森県旅館ホテル生活衛生同業組合加盟施設でご利用いただける「青森県内宿泊券(5千円分×4枚セット)」をプレゼント。どしどしご応募ください!
※締め切り日 2015/11/29(日)
※宿泊いただける「青森県旅館ホテル生活衛生同業組合加盟施設」の一覧は【コチラ】

◆問題
「アップルパイ食べ歩きで訪れた弘前のお店のうち、予約が必要なアップルパイを売ってるのはどこのお店?」

答え→ ル・○ ○ ○ ○

応募フォームに ○ ○ ○  ○に入るカタカナ4文字を入力してご応募ください。
(※ヒントはコチラ→りんごの街、弘前で【アップルパイ食べ比べ】青森の歩き方Vol.2

[応募規約]
・宿泊券の有効期間は宿泊券到着後~2016年2月末日となります。期間内にご利用がない場合は当選権利を放棄されたものと判断し、無効となりますのでご了承ください。
・当選の権利は当選者ご本人のみ有効です。当選譲渡・転売はできません。
・ 選考についてのご質問にはお答えできかねます。
・1つのメールアドレスで複数の応募はできません。

応募フォームはこちら(応募は締め切らせていただきました)。

掲載内容は執筆時点のものです
記事・画像の直リンクを禁止します
記事投稿日: 2015年11月19日

取材依頼・記事掲載について

取材依頼・記事掲載などに関してのお問い合わせは、こちらよりお願いします。

地球の歩き方が運営する国内旅行情報サイト『日本の歩き方』のスタッフがお届けする国内観光情報です。旅好きのメンバーがいつもの旅行とは一味違う街歩きのご提案や、おすすめの観光情報を発信します!

最新記事

カテゴリー

エリア

こちらもチェック!

プレゼントキャンペーン
旅のアイテムやチケットが当たる!

観光ニュース
旬な観光情報やお得なネタを毎日お届け

画像1 次の休みは、都内から近い、インスタジェニックな町へ出かけませんか?


PAGE TOP