世界農業遺産の歩き方Vol.1【能登の里山里海】 | おでかけガイド | 国内旅行情報サイトの「日本の歩き方」

世界農業遺産の歩き方Vol.1【能登の里山里海】

  • 投稿日:2015年12月15日
紹介
H27入手GIAHSLOGO_WHT

社会や環境に適応しながら何世代にもわたり発達し、形づくられてきた農業上の土地利用。伝統的な農業とそれに関わって育まれた文化、景観、生物多様性に富んだ、世界的に重要な地域を次世代へ継承することを目的に、国連食糧農業機関(FAO)が2002年から開始したプログラム【世界農業遺産(GIAHS: Globally Important Agricultural Heritage Systems、ジアス)】。
1回目は「能登の里山里海」をご紹介します。

絶景!日本海に面した【白米千枚田】

白米千枚田(輪島市)

石川県の能登半島に広がる「能登の里山里海」。農林水産業とそれに関連した人々の営みのすべて、まさに「能登の里山里海」で育まれる暮らしそのものが、日本で初めて世界農業遺産に認定されました。ここでは、農林水産業によってもたらされる多くの恵み、今も暮らしの中に息づく伝統技術・文化、日本の農山漁村の原風景ともいわれる美しい景観などが受け継がれています。

「能登の里山里海」を象徴する景観の「白米千枚田」。日本海に面した急傾斜地に1,004枚の田が幾重にも連なる白米千枚田は絶景です。ここでの農作業に大型機械は使えず、人手による労力が必要なため、オーナー制度を設け、地元住民と全国のボランティアの方が協力しながら、日本の財産として後世に残す活動を進めています。
また、毎年10月から3月にかけてはイルミネーションイベントが開催されています。あぜ道に約21,000個の太陽光発電LEDが並べられた幻想的な風景をぜひご覧ください。
<アクセス>能登空港から車で約40分

能登棚田米

能登棚田米

里山里海に囲まれた能登では、特色ある農林水産物のブランド化を図る取組も始まっています。農薬や化学肥料を低減し、棚田で生産される米の高付加価値化を進める「能登米」「能登棚田米」の取組や、能登の里山里海で育まれ、世界農業遺産の保全・継承に資する商品を「世界農業遺産 未来につなげる『能登』の一品」に認定しています。自然と人が調和して作り出した能登の里山里海の豊富な食材を、一度ご賞味ください。

日本で唯一の技術【揚げ浜式製塩法】

揚げ浜塩田

能登には、伝統的な技術も継承されています。中でも、約400年以上も前から続く「揚げ浜式」と呼ばれる製塩法は、海水を原料にした、日本で唯一能登にのみ残る技術で、国の重要無形民俗文化財に指定されています。
海水を砂の上に撒き、天日で乾燥させた後、塩分を含んだ砂から抽出した塩水を、釜で16時間以上炊き上げる揚げ浜式製塩法。職人の手作業によって作られた塩は、まろやかな味わいが特長で、海の旨みと甘みが口の中に広がります。
<アクセス>能登空港から車で約40分、白米千枚田から車で約15分

神々に巡り会う旅【キリコ祭り】

あばれ祭

独自の文化を育み、地域に根差した祭礼が盛んな能登。特に、「キリコ祭り」と総称される灯籠神事は、夏から秋にかけて約200地区で行われ、能登を照らし出します。
豊作豊漁を願い、神輿とともに、最大で2トン、高さ15mのキリコを担ぎ上げ、激しく練り回る「キリコ祭り」は、夏、能登を旅すれば必ず巡り会えると言っても過言ではなく、それは神々に巡り会う旅ともなります。
この「能登のキリコ祭り」は日本遺産にも認定されました。

また「輪島キリコ会館」(輪島市)では、各地のキリコを一堂に展示し、能登の伝統文化に触れることができます。
<アクセス>能登空港から車で約25分

伝統漁法を伝える【ボラ待ちやぐら】

ボラ待ちやぐら(穴水町)

海上に4本の丸太を四角錐に組み、その上に人が座る漁業用のやぐら。やぐらの上で終日、魚の「ボラ」の群れが入るのを見張り、海中に仕掛けた網をたぐるという原始的な漁法から、ボラ待ちやぐらと呼ばれています。最盛期には、町内に40基を超えるやぐらが立てられていました。1996年秋を最後に、この漁法を行う漁師はいなくなりましたが、2012年の秋に漁が再開され、現在は6カ所でボラ待ちやぐらを見ることができます。
<アクセス>能登空港から車で約20分

郷土料理に農業体験、農家民宿【春蘭の里】

春蘭の里(能登町)

能登半島の山あいに広がる豊かな里山に、集落を挙げて農家民宿に取り組む「春蘭の里」があります。里山の恵みを受けた暮らしと人が受け継ぎ守ってきた自然の豊かさが残る春蘭の里では、自然以外に何もないということを逆手に取り、お客様をありのままの暮らしでもてなします。食は周辺で採れる旬のもので、郷土料理を十分に堪能いただけるほか、農作業などの体験もできます。
都会の喧騒を離れひっそりとした里山で、癒しの時間をお過ごしてみませんか。
<アクセス>能登空港から車で約15分

濃厚で華やか【能登の酒づくり】

酒づくり

能登では古くから、良質な米や水を生かして酒造りが盛んに行われてきました。その酒づくりを支えているのが、杜氏と呼ばれる職人たちで、日本四大杜氏の一つに数えられる能登杜氏は、石川県が発祥の地です。
能登杜氏は、他の杜氏集団とは異なる独自の技術を伝承しており、何百年もの間受け継がれてきた熟練の伝統技術は、上品な甘みがある日本酒をつくりだし、「濃厚で華やか」とも評される味わいが特徴です。

丁寧な手作業が生み出す優美さ【輪島塗】

輪島塗

日本を代表する漆器「輪島塗」は、能登にある輪島市がその産地として知られ、職人の手作業による堅牢な塗りと加飾の優美さが特徴です。
輪島特産の地の粉を下地に塗り、塗り上げるまでに20工程以上、総手数では75~124回にも及ぶ丁寧な手作業で作られるため、堅地漆器の名声を博しています。「漆の町」とも言われる輪島市には、輪島塗に関係する仕事場が500軒以上あり、気軽に見学できて、職人との会話も楽しめる製造・販売工房や塗師屋が数多くあります。

先人の生活の知恵【間垣の里】

間垣

輪島市の海沿いにある集落では、高さ3mほどの竹の垣根で集落を囲んだ風景を見ることができます。これは冬の日本海から吹き付ける強い風と塩害から家屋を守るために設置される、「間垣」と呼ばれる竹製の防風垣です。
通常は秋に設置し春に外しますが、通年で設置する間垣もあり、これは夏場の強い西日を遮る効果があります。このように、間垣の里では、能登の厳しい自然と暮らしてきた先人の生活の知恵に触れることができます。
<アクセス>能登空港から車で約45分

砂浜を走行しよう【千里浜なぎさドライブウェイ】

千里浜なぎさドライブウェイ

日本で唯一、世界的にも珍しい、波打ち際の砂浜を車やバイクが走行できる全長約8kmの道「千里浜なぎさドライブウェイ」。
それを可能にするのが千里浜独特の砂で、砂粒のサイズが通常の約4分の1と小さく、形が均一で角張っているため水を含むと舗装道路のように固く引き締まります。
かつてドライブウェイの幅は50m以上ありましたが、近年、浸食によって狭くなっていることから、人工リーフや砂流出防止工の整備などの保全活動が行われています。
<アクセス>のと里山海道「今浜IC」から車で約3分

白米千枚田」(輪島市白米町、5月)

「能登の里山里海」
世界農業遺産活用実行委員会

  • 〒920-8580 石川県金沢市鞍月1-1
    石川県農林水産部里山振興室内
  • (076)225-1648
  • 公式サイト
  • (最終更新日:2015年11月26日)

掲載内容は執筆時点のものです
記事・画像の直リンクを禁止します
記事投稿日: 2015年12月15日

取材依頼・記事掲載について

取材依頼・記事掲載などに関してのお問い合わせは、こちらよりお願いします。

地球の歩き方が運営する国内旅行情報サイト『日本の歩き方』のスタッフがお届けする国内観光情報です。旅好きのメンバーがいつもの旅行とは一味違う街歩きのご提案や、おすすめの観光情報を発信します!

最新記事

カテゴリー

エリア

こちらもチェック!

プレゼントキャンペーン
旅のアイテムやチケットが当たる!

観光ニュース
旬な観光情報やお得なネタを毎日お届け

_prw_PI1fl_5wM21uex パンダの赤ちゃん「結浜(ゆいひん)」が屋外運動場にデビューします!


PAGE TOP