熊本城下町食べ歩き♪伝統工芸【肥後象嵌】に挑戦! | おでかけガイド | 国内旅行情報サイトの「日本の歩き方」

熊本城下町食べ歩き♪伝統工芸【肥後象嵌】に挑戦!

  • 投稿日:2015年10月27日

熊本の旅と言えば熊本城!!ですが、せっかくなら「城下町」も楽しみたいっっ、
そこで!半日でも堪能できる城下町散策コースををご紹介します。

城づくり、町づくりの名人!
【加藤清正公】

「難攻不落の城」と呼ばれた『熊本城』

1607年、加藤清正が当時の最先端の技術と労力を投じて建てた熊本城。周りを川に囲まれ、攻め込まれにくい地形。
また反り返った武者返しの石垣や複雑に折れ曲がる通路、ぐるりと城を取り囲む高い壁など「難攻不落の城」と呼ばれた理由が随所にみられます。

「せいしょこさん」と呼ばれ親しまれている『加藤清正』像

城作りの名人で、武術にも秀でていた加藤清正。
それだけでもかっこいいのに、今でも地元の人たちに「せいしょこさん」と呼ばれ親しまれている理由があります。

それは、清正が発揮した町づくり・国づくりの才能です。治山・治水、新田開発などに力を入れ、荒れた土地は作物がとれる田畑へ。また南蛮貿易なども積極的に進めた結果、国も領民の生活も豊かなものへと変化。
その功績を讃え今でも清正にまつわるお祭りが各地で開催されています。

勝負に加藤(勝とう)『加藤神社』

天守閣近くにある加藤神社。清正を主神とし、勝負に加藤(勝とう)にあやかっ て、受験生やスポーツ選手など多くの参拝者が訪れます。神前結婚式を挙げる人にも人気の神社です。

熊本城

  • 〒860-0002 熊本市中央区本丸1−1
  • (096)352-5900
  • 公式サイト
  • (最終更新日:2015年10月22日)

サクサクのオランダ揚げに熊本のお酒!
食べ歩きは【城彩苑】で

熊本城のすぐ近く、食べ歩きます♪

熊本の郷土食やおみやげ、文化体験もできる『城彩苑』。
熊本城から徒歩数分。周遊バスも出てますよ♪

魚のすり身を揚げた「オランダ揚げ」 周りはサクサク中はぷりっぷりっ。おやつにもおつまみにもオススメです。

テイスティングサイズから注文できる「くまもと酒蔵」

城彩苑では焼酎や日本酒など熊本のおいしいお酒がいただけます。もちろんワインも!
テイスティングサイズから注文できるので色々飲み比べてみるのも楽しいですよ。

飲み口すっきり。きらびやかなラベルの「熊本城本願御殿」

桜の馬場 城彩苑

  • 〒860-0008 熊本市中央区二の丸1-1-1
  • (096)288-5600
  • 公式サイト
  • (最終更新日:2015年10月22日)

いざ、肥後象嵌(ひごぞうがん)体験!
【光助】へ

古い町並みと市電やビル、新旧の時代がほどよく混ざり合ったエリア

あちらこちらに残る歴史ある建物。最近はこの町家を利用したおしゃれなお店がたくさん並んでいます。古い町並みと市電やビル、新旧の時代がほどよく混ざり合ったエリア。

経済の中心地として発展した町は碁盤目状になっていて、清正が計画した町づくりが今も残っています。

肥後象嵌の老舗「光助」

鉄の生地に純金や純銀を打ち込み、模様を施す「象嵌(ぞうがん)」は長い時を超えて多くの人に愛されてきました。
魅力は、派手さを抑えた奥ゆかしさ。地金には塗料などを一切使わず、錆色だけで仕上げてあります。

この技法を使って、昔ながらの刀のつばや煙管、香炉はもちろんですが、最近はペンダントやイヤリング、ネクタイピンなどアクセサリーにも使われています。

趣のあるペンダント

肥後象嵌の老舗「光助」では象嵌体験もできます。職人さんが指導してくださいますので 初めてでもちゃんと出来上がります!
地金へ金や銀を打ち込む作業を体験、その後職人が錆だし等の仕上げを行い、後日受取りです。別途送料がかかりますが、郵送も可能です。
旅行から帰ってしばらく経って思い出の品が届くというのも良いですよね♪

象嵌体験に挑戦、職人さんが指導してくださいます


薄く伸ばし切り出した金/銀を鉄地にのせて打ち付けていきます

薄く伸ばし切り出した金・銀を鉄地にのせて打ち付けていきます。 打ち方のポイントは強すぎず、弱すぎず、まっすぐに振り下ろすこと。
お手本の職人さんはトントン、カンカン♪とてもリズミカルです。

IMG_8715

光助

  • 〒860-0004 熊本市中央区新町3-2-1
  • (096)324-4488
  • 公式サイト
  • (最終更新日:2015年10月22日)

お土産にいかが?珈琲牛乳の素
【器季家カフェ・西村邸】

景観重要建造物に指定されている「西村邸」。
築100年程の建物を利用した店内にはカフェと物販コーナー。地元の材料を使ったおかしなどお土産にもピッタリの品が並んでいます。

おすすめ!『珈琲牛乳の素』

中でもおすすめは珈琲牛乳の素。実は、熊本は水資源に恵まれた地域なんです。
また、おいしい水が飲める県としても有名。阿蘇白川水源の水を使って抽出したコーヒーをぎゅっと凝縮させた珈琲牛乳の素はちょっと濃いめに割っていただくのがお気に入りです♪

器季家カフェ

  • 〒860-0027 熊本市中央区西唐人町10
  • (096)288-2011
  • 公式サイト
  • (最終更新日:2015年10月22日)

のんびり城下町を散策

ご紹介した場所は熊本城から徒歩で移動できる距離にある所ばかりです。
てくてく歩きにもってこいの季節。随所に残る歴史を感じながら熊本城下町を楽しんで下さい。

掲載内容は執筆時点のものです
記事・画像の直リンクを禁止します
記事投稿日: 2015年10月27日

取材依頼・記事掲載について

取材依頼・記事掲載などに関してのお問い合わせは、こちらよりお願いします。

熊本県出身。大学では建築を専攻。設計発表のためのプレゼンを学ぶうちに話すことへ興味をもち、2006年より長野県の放送局でアナウンサーとして県内各地を飛び回る。同じ県内にも関わらず全く違う気候風土、文化に触れ地域から全国 へ情報発信したいと思うように。まだまだ知られていないその土地の文化や知恵を多くの人に伝えていきたい。

最新記事

カテゴリー

エリア

こちらもチェック!

プレゼントキャンペーン
旅のアイテムやチケットが当たる!

観光ニュース
旬な観光情報やお得なネタを毎日お届け

ilovepdf_com-1 自然をライフスタイルに生かすイベント「Ebisu Urban Garden Festival」


PAGE TOP