海外でも話題沸騰【地獄谷野猿公苑】温泉に入る”スノーモンキー”に会いにいこう! | おでかけガイド | 国内旅行情報サイトの「日本の歩き方」

海外でも話題沸騰【地獄谷野猿公苑】温泉に入る”スノーモンキー”に会いにいこう!

  • 投稿日:2015年12月24日
紹介

寒くなればなるほど恋しくなる温泉。そんな気持ちは猿だって同じようです。
長野県の北部、山ノ内町。温泉街を抜け、さらに山の中を進んでいくと、、、
頭からホカホカ湯気を上げ、どこか気の抜けた満足そうな赤い顔が。
世界でも珍しい、猿が入る温泉場はまるで昔話の一幕のような光景です。

野猿公苑の入口は山への入口ですので
あしからず

温泉街を抜けたところに見えてくる「地獄谷野猿公苑」の看板

ここから進むのは山道です。歩きやすいように整備されていますが、ヒールはNG。トレッキングの靴や歩きやすい靴がオススメです。冬は雪が積もっていたり、気温によっては凍っている所もあるので靴選びは重要!

地獄谷野猿公苑に続く山道。雪が積もり、日が当たらない場所は凍ることも。

雪の下にちらほら見える岩、、が、あれ?動いた??

良ーく見てみると、岩と同じような色をした猿を発見!!
雪の下をホリホリしています。「なにか、おいしいものないかな〜」とホリホリ。かなり近づいて写真を撮っても気にする様子もなくホリホリ。
あ!何かを見つけて食べましたっ。

途中で出会ったニホンザル。雪の下から何かを見つけてパクっ。

地獄から吹き出した!
国の天然記念物「渋の地獄谷噴泉」

「渋の地獄谷噴泉」

地面から”プシュー”と吹き上げているのは国の天然記念物に指定されている「渋の地獄谷噴泉」です。
煙のように見えますが、100℃近い温泉が吹き出しています。
煮えたぎったお湯が地面を割って吹き出す、、、昔話なら閻魔(えんま)様の仕業!?となりそうな、ちょっと不思議な雰囲気を持った場所です。
この谷間に佇むのが1864年創業の「後楽館」。
歴史ある温泉宿です。名物の餅米をクマザサの葉で包んで温泉で茹でた”ちまき”は甘いきな粉をつけて食べるのがオススメです。

野猿公苑入口。いよいよ温泉に入る猿に会える〜!!

休憩場が併設された売り場で入苑券を購入。奥にはお土産売り場もありますよ。

★入苑料★
おとな 500円 こども 250円
★開苑時間★
夏季(4月頃〜10月頃)8:30頃〜17:00頃
冬季(11月頃〜3月頃)9:00頃〜16:00頃
※年中無休。ただし天候やニホンザルの行動等により予告なく変動することもあります。

山道をあるくこと約30分。み、みえたー!おさるの温泉!!

♪い〜い湯だなぁ〜
やっぱり冬は温泉だウキッ

「はぁ〜あったまるのぉ」なんて声が聞こえてきそうな表情

毛繕いをしたり、肩までつかってのんびりしたり。ここはまさしく猿たちの癒し処、湯治場です。
猿は9時頃に山から降りてきて夕方まで野猿公苑の辺りをウロウロ。

ただし、いつでも温泉に入っているわけではありません。天気が良い暖かい日はひなたぼっこをしていることが多いので、入浴姿を見るなら温泉に入りたいなぁと思う寒い日がオススメです。
猿も人間と同じで寒いときほど温泉に入りたくなるんですね。

海外からの旅行者にも人気の猿たち。カメラを向けられても気にしてませんっ。

ルールを守って楽しみましょう。

野生の猿が温泉に入るとても珍しい地獄谷野猿公苑。
世界中から注目されている猿たちがこれからものんびり温泉に入ることができるよう、ルールを守って楽しんで下さい♪

お猿さんがこんなに近いです

こんなに近くで写真が撮れますよ

「はぁ〜あったまるのぉ」なんて声が聞こえてきそうな表情

地獄谷野猿公苑

  • 〒381-0401 長野県下高井郡山ノ内町大字平穏6845
  • (0269)33-4379
  • 公式サイト
  • (最終更新日:2015年12月20日)

温泉に入る猿”スノーモンキー”に会いにいこう!

ホカホカ湯気をあげながら肩までお湯につかる野生の猿。目を閉じて至福の時を過ごす猿の表情、、、銭湯、温泉にいたあの人に似てるなぁ。なんて思いながらついついカメラのレンズを向けてしまいました。
ここでしか見られないかわいい猿たちの入浴姿は、ちょっと雪の山道を進むのが大変でも見に行く価値あり!

掲載内容は執筆時点のものです
記事・画像の直リンクを禁止します
記事投稿日: 2015年12月24日

取材依頼・記事掲載について

取材依頼・記事掲載などに関してのお問い合わせは、こちらよりお願いします。

熊本県出身。大学では建築を専攻。設計発表のためのプレゼンを学ぶうちに話すことへ興味をもち、2006年より長野県の放送局でアナウンサーとして県内各地を飛び回る。同じ県内にも関わらず全く違う気候風土、文化に触れ地域から全国 へ情報発信したいと思うように。まだまだ知られていないその土地の文化や知恵を多くの人に伝えていきたい。

最新記事

カテゴリー

エリア

こちらもチェック!

プレゼントキャンペーン
旅のアイテムやチケットが当たる!

観光ニュース
旬な観光情報やお得なネタを毎日お届け

蔵フェ酒 大分のお酒やかぼすが楽しめるフェア!大阪と東京で開催。


PAGE TOP