宇宙旅行を体験できる!石垣島天文台に4次元映像の新施設 | 日本の歩き方|観光ニュース | 国内旅行情報サイトの「日本の歩き方」

2014
06.04

宇宙旅行を体験できる!石垣島天文台に4次元映像の新施設

満天の星空が広がる石垣島
石垣島天文台は昨年7月から、地球から宇宙の果てまでを立体的に見られる映像システム「4D2U」の一般公開を始めた。

同システムは国立天文台が開発したもの。200インチの大スクリーンに流れる映像を、アクティブシャッター方式のメガネで見ると、天体や宇宙の様子が立体的に鑑賞できる。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の月周回衛星「かぐや」が観測した月面の立体地図を映像化したものなどもあり、リアリティあふれる映像が楽しめる。

石垣島天文台では、館内の「星空学びの部屋」で、休館日を除く1日1回実施。午後3時からの30分間で、予約制、鑑賞無料。定員は30人。天文台スタッフが、映像を見ながら星座の位置や宇宙空間の構造などについて説明を行う。また、土・日・祝日の夜には「天体観望会」も実施している。午後8時頃と9時頃からの1日2回。所要約30分で予約制、無料。

石垣島は88ある星座のうち、南十字星など84の星座と、21個の1等星のすべてを肉眼で観察できる。テレビ番組で「天文学者が選ぶ日本で1番きれいな星空」に選ばれたこともある。

地元では、毎年旧暦の七夕に、「南の島の星まつり」を開催。全島ライトダウンを呼びかけ、満天の星空を見上げるイベントを実施するなど、「星の島」をPRしている。

(情報提供/旅行新聞新社)

石垣島天文台

■住所: 〒907-0024 沖縄県石垣市新川1024-1
■施設見学公開日時: 水~日曜 10:00~17:00
■休館日: 月・火曜 ※「4D2U」「天体観望会」の予約受付は開館日の10:00~17:00
■交通アクセス: 【車】市街地、石垣港離島ターミナルから約20分。市内からは、県道208号線よりバンナ公園入口向の前勢岳林道に入り、前勢岳へ。 ※カーナビを使うと間違った案内をされます。地図で確かめてお越しください。
■HP: 石垣島天文台

取材依頼・記事掲載について

取材依頼・記事掲載などに関してのお問い合わせは、こちらよりお願いします。

今月の特集

全国商工会連合会
南アルプスの歩き方
世界農業遺産
【おでかけガイド】青森の歩き方
日本で最も美しい村を巡る旅

こちらもチェック!


PAGE TOP