この夏ドコ行く?国内旅行先ランキング発表! ”神3″に大阪が斬り込んだ | 日本の歩き方|観光ニュース | 国内旅行情報サイトの「日本の歩き方」

2014
07.15

この夏ドコ行く?国内旅行先ランキング発表! ”神3″に大阪が斬り込んだ

「地球の歩き方」WEBサイトでユーザーアンケート『今年の夏はここに行く!国内旅行人気ランキング』の調査結果を発表した。

1位となった京都、嵐山・嵯峨野エリアの竹林の道

1位となった京都、嵐山・嵯峨野エリアの竹林の道

同アンケートは、2014年夏に計画、予約など準備をしている旅行予定地を「地球の歩き方」WEBサイトのユーザーに回答してもらったもの。毎年行う旅行先ランキングで、夏でも冬でも首位を競ってきた不動の三強、京都・札幌(北海道)・那覇(沖縄)。その神3とも言える不動のセンターに今年は大阪が斬り込み、那覇を抜いて3位になった。

大阪、大躍進の原動力はUSJ。魔法使いの新アトラクションが話題となって首都圏からも大動員がかかりそう。また、あべのハルカスも観光資源として寄与しているようだ。

5位にランクインした伊勢・二見と7位にランクインした出雲・大田・石見銀山は、ブームを一過性に終わらせずに人気が継続しているようだ。予定を組んだ人には、「昨年行けなかったから」という声もあるが、周辺の観光地とうまく繋げて、滞在時間の長い観光地として認知されれば、今後日本を代表する観光拠点となっていくかもしれない。

17位にランクインした小笠原にも、「やっと今年行けます」との声があがった。世界遺産人気で訪問をあきらめていた人たちが満を持して訪れるのではないだろうか。あるいは島旅特有のリピータ人気かもしれない。

夏の定番、避暑地の長野・戸隠・小布施、箱根、軽井沢・佐久・小諸に伍して、福島・二本松がランクイン。選択肢外の「東北」も多く、年に一度は東北という意見も多くみられた。

今回ランクインはしなかったが、富岡(製糸場)も今年注目の旅行先。周辺のどういった観光地と組み合わさり人気が定着するのか気になるところだ。

Q. この夏、国内ではどこに旅しますか?

1位 京都
2位 札幌(北海道)
3位 大阪
4位 那覇
5位 伊勢・二見
6位 東京23区
7位 出雲・大田・石見銀山
8位 沖縄の離島
9位 長野・戸隠・小布施
10位 箱根
11位 軽井沢・佐久・小諸
12位 福岡、舞浜・浦安・船橋・幕張、仙台
15位 伊豆、青森
17位 小笠原諸島
18位 足摺(あしずり)・四万十、福島・二本松、名古屋

(日本の歩き方/WEB編集局)

今年の夏はここに行く!国内旅行人気ランキング

■調査期間: 2014年5月29日~6月14日
■調査方式: WEBでの自由訪問のユーザーによるフォーム送信
■回答者プロフィール
 有効回答数・・・935名(男性 41%/女性 59%)
 平均年齢・・・45.1歳(男性 50.8歳/女性 41.1歳)
■HP: 地球の歩き方 『今年の夏はここに行く!国内旅行人気ランキング』

取材依頼・記事掲載について

取材依頼・記事掲載などに関してのお問い合わせは、こちらよりお願いします。

今月の特集

全国商工会連合会
南アルプスの歩き方
世界農業遺産
【おでかけガイド】青森の歩き方
日本で最も美しい村を巡る旅

こちらもチェック!


PAGE TOP