炎を吐く!人が乗れる!世界最大,世界初の光のドラゴンロボット登場 | 日本の歩き方|観光ニュース | 国内旅行情報サイトの「日本の歩き方」

2016
11.15

炎を吐く!人が乗れる!世界最大,世界初の光のドラゴンロボット登場

main

ハウステンボス(長崎県佐世保市)で、2016年10月29日(土)に開幕した「光の王国」に世界初の『光のドラゴンロボット』がお目見え。高さ6.5m全長13mかつ、本物の炎との連動、LEDを搭載した光る巨大なロボット型のドラゴンとして世界最大かつ世界初を誇ります。

“光のドラゴンロボット”は光の王国が点灯するとともにイルミネーション最大のスポットであるアートガーデンに出現。およそ7分間のショーの中では体の輝きを変えながら進み、口から勢いある炎を噴く圧巻の姿で見る人を魅了します。実際にお客様が搭乗することも可能で、ドラゴンの目線から見下ろす光の海を最高のロケーションでご覧いただけます。

▼光のドラゴンロボット
【場所】アートガーデン
【稼働回数】日没後2回
【搭乗料金】2,000円(写真撮影付き)
【搭乗店員】6名
【規模】全長13m 高さ6.5m

sub1 sub3

(日本の歩き方/WEB編集局)

光の王国(ハウステンボス)

■開催期間:2016年10月29日(土)~2017年5月7日(月)
■点灯時間:18時00分~ ※日没時間により変動あり
■ボリューム:1,300万球
■スポット:光のアートガーデン、光の滝、光のアンブレラストリート、光と噴水の運河、光の宮殿、レインボーフラワーガーデン、光のバンジージャンプなど
■HP:ハウステンボス

取材依頼・記事掲載について

取材依頼・記事掲載などに関してのお問い合わせは、こちらよりお願いします。

今月の特集

全国商工会連合会
南アルプスの歩き方
世界農業遺産
【おでかけガイド】青森の歩き方
日本で最も美しい村を巡る旅

こちらもチェック!


PAGE TOP