新名所「桜の天の川」が誕生♪2,500本の桜の祭典「さがみ湖桜まつり」 | 日本の歩き方|観光ニュース | 国内旅行情報サイトの「日本の歩き方」

2017
03.13

新名所「桜の天の川」が誕生♪2,500本の桜の祭典「さがみ湖桜まつり」

main

神奈川県相模原市で展開する複合リゾート施設「さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト」では、2017年3月25日(土)より「さがみ湖桜まつり2017」を開催いたします。本年は約500本の桜並木が400mに渡って続く新スポット「桜の天の川」が新登場します。

▼都心からわずか1時間。400m続く桜のアーチをくぐり抜ける新体験
新スポット「桜の天の川」の一番の魅力は、連続する桜のアーチをくぐり抜ける体験です。桜を鑑賞するために新設された約400mの散策ルートの両脇には約500本の桜が立ち並び、頭上で花を付けた枝が交差し、ピンク色のトンネルの様な美しい光景を演出します。

また、散策ルートにはリフトが併設しており、リフトに乗りながら桜並木を見下ろす特別な花見を体験することもできます。都心からわずか1時間のさがみ湖の森を、2,500本の桜が彩ります。

▼山頂の新アトラクション「マッスルモンスター」から見下ろす、ダイナミック花見
同日に山頂にてオープン予定の鳥肌コロシアム「マッスルモンスター」からの眺望はまさに絶景。眼下に桜を見下ろしながらアスレチックに挑戦することもできます。

足元に広がる起伏に富んだ敷地に広がる桜はさがみ湖リゾートならではの魅力。都心では味わえない、ダイナミックなスケールでの花見を楽しむことができます。また、園内では桜と共に見頃を迎えるヤマブキやスイセンなど、様々な花をお楽しみいただくことができます。

▼関東最大600万球の光と2500本の桜の競演 「夜桜イルミリオン」
関東最大600万球のイルミネーションと約2,500本のソメイヨシノを中心とした桜の競演が楽しめるのはさがみ湖リゾートならではの魅力。相模湖の森は華やかなイルミネーションの光とライトアップされた桜の競演により、それぞれの美しさを一層際立たせ、幻想的な「夜桜イルミリオン」へと生まれ変わります。

sub1

▼桜鑑賞をしながら、キャンプや温泉も楽しめる
園内中心部にあるレストラン「ワイルドダイニング」では、大きく開けた窓があり、お花見限定メニューのさくらパンケーキなどと共にお花見を楽しむことができます。また、観覧車や極楽パイロットなど全10機種の乗り物を「ナイトアトラクション」として営業し、各アトラクションにはこの期間限定でイルミネーションの装飾が行われます。

さらに、桜やイルミネーションをご鑑賞いただいた後はさがみ湖リゾートエリア内の日帰り温浴施設「さがみ湖温泉 うるり」で体をゆっくり温めてお帰りいただけます。隣接のキャンプ場に宿泊し、朝露に濡れる桜を愛でるのも風流です。

期間中の週末には忍術学校イベントを実施します。桜の下で、手裏剣や巻物探しなど、忍者修行を体験することができます。桜鑑賞だけではない、体験型複合リゾート「さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト」の魅力をお楽しみください。

sub2

(日本の歩き方/WEB編集局)

さがみ湖桜まつり

■営業期間:2017年3月25日(土)~4月30日(日)※予定
※定休日はお問合せください。
■入場料金:桜まつり特別入園券(2時間以内)800円、リフト片道券付き1,000円、リフト往復券付き1,300円、夜桜イルミリオン(16時以降入園)大人800円 小人/ペット(犬)500円
■HP:さがみ湖桜まつり

取材依頼・記事掲載について

取材依頼・記事掲載などに関してのお問い合わせは、こちらよりお願いします。

今月の特集

全国商工会連合会
南アルプスの歩き方
世界農業遺産
【おでかけガイド】青森の歩き方
日本で最も美しい村を巡る旅

こちらもチェック!


PAGE TOP