10年目を迎える絶景の日本代表「2017富士芝桜まつり」開幕まぢか♡ | 日本の歩き方|観光ニュース | 国内旅行情報サイトの「日本の歩き方」

2017
04.12

10年目を迎える絶景の日本代表「2017富士芝桜まつり」開幕まぢか♡

main

富士急行株式会社は、富士山に春の訪れを告げる花の祭典「2017富士芝桜まつり」を2017年4月15日(土)より開催致します。

「富士芝桜まつり」の一番の見所は、何といっても世界遺産・富士山と、一面を埋めつくす色鮮やかな芝桜との競演です。2.4haもの広大な土地に、ピンクや赤、紫、白色の約80万株もの芝桜が咲き誇る会場からは、どこからでも雄大な富士山を望むことができます。その圧倒的な美しさから、アメリカ・CNNが発表した「日本の美しい風景31選」にも選ばれています。

10周年を迎える今年は、これまで以上に美しい景色をご覧いただけるよう、全面的に新株への植え替えを実施。昨年よりも1種増え全部で7種類となった色とりどりの芝桜をお楽しみいただけます。また、昨年好評であったムスカリやアネモネ、クリンソウなど芝桜以外の花も大幅に増やしており、期間中様々な花の開花リレーで会場を彩り続けます。

sub1

さらに今年から、会場では「富士山大道芸フェスティバル」を同時開催。GW期間(4月29日~5月7日)を除く毎日、28組の日本を代表する大道芸人たちが週替わりで登場し、自慢のパフォーマンスを披露します。

他にも、毎年恒例のグルメイベント「富士山うまいものフェスタ」では、強いコシが自慢の「吉田うどん」やB級グルメとして有名な「富士宮やきそば」、山梨名物「甲州とりもつ煮」といった富士山周辺のグルメのほか、富士山の形をしたたい焼きや揚げかまぼこといった、思わず写真を撮りたくなるようなメニューが揃います。

富士山の麓に広がる春の風物詩にどうぞご期待ください。

sub19

芝桜以外にも様々な花を鑑賞できます
会場では芝桜以外にも、「ムスカリ」や「アネモネ」、「レンギョウ」、「ミツバツツジ」など期間を通して様々な花を楽しむことができます。今年は新たに「クリンソウ」も加わります。

(日本の歩き方/WEB編集局)

2017富士芝桜まつり

■会場:富士本栖湖リゾート
■住所:山梨県南都留郡富士河口湖町本栖212
■期間:2017年4月15日(土)~5月28日(日)計44日間
※開花状況により変動あり。期間中無休。
■時間:午前8時~午後5時
※混雑状況により変更となる場合があります。
■入園料金:大人(中学生以上)600円/小人(3歳以上)250円/団体大人500円・団体小人200円(15名以上より適用)

取材依頼・記事掲載について

取材依頼・記事掲載などに関してのお問い合わせは、こちらよりお願いします。

今月の特集

全国商工会連合会
南アルプスの歩き方
世界農業遺産
【おでかけガイド】青森の歩き方
日本で最も美しい村を巡る旅

こちらもチェック!


PAGE TOP