好評につき今年も開催!「干潟の生き物を観察しよう」 | 日本の歩き方|観光ニュース | 国内旅行情報サイトの「日本の歩き方」

2017
05.15

好評につき今年も開催!「干潟の生き物を観察しよう」

28自然観察会
干潟には、泥に潜って暮らす動物など、特殊な動植物が生息しています。

中山川と加茂川の河口に発達した西条市禎瑞の干潟は、317ヘクタールで、愛媛県内では最大の干潟です。愛媛県の干潟全体の44.9パーセントを占めており、河口干潟としては、全国で6番目の大きさです。また、環境省の定める「日本の重要湿地500」に指定されており、絶滅危惧種を含め、様々な生物が生息しています。

この自然観察会では、実際に干潟に入り、泥を掘り起こしながら自ら見つけた生物の生態などについて、NPO法人西条自然学校の先生による解説を受けます。貴重な生物を目で見て、触れて、自然に親しむことができます。

28干潟観察3

第1回自然観察会「干潟の生き物を観察しよう」

【開催日】平成29年5月27日(土)
【時間】16:00~18:00
【会場】加茂川河口干潟(龍神社(西条市禎瑞1399番地)前)
【講師】光澤安衣子氏(NPO法人西条自然学校)
【定員】40名(先着順、小学生以下は保護者同伴)
【参加料】無料

申し込みについて

【申込期限】平成29年5月22日(月)
【申込方法】電話またはEメール
【申し込み先】西条市環境衛生課環境係
電話 0897-52-1382
Eメール kankyoeisei@saijo-city.jp
(参加者全員の氏名、年齢、郵便番号、住所、電話番号を記載してください)

取材依頼・記事掲載について

取材依頼・記事掲載などに関してのお問い合わせは、こちらよりお願いします。

今月の特集

全国商工会連合会
南アルプスの歩き方
世界農業遺産
【おでかけガイド】青森の歩き方
日本で最も美しい村を巡る旅

こちらもチェック!


PAGE TOP