開館10周年!自然と歴史と文化を学ぶ「鉄道歴史パーク in SAIJO」 | 日本の歩き方|観光ニュース | 国内旅行情報サイトの「日本の歩き方」

2017
05.17

開館10周年!自然と歴史と文化を学ぶ「鉄道歴史パーク in SAIJO」

写真_四国鉄道文化館北館
「鉄道歴史パーク in SAIJO」は、四国鉄道文化館(北館、南館)、十河信二記念館、観光交流センターから成る自然と歴史と文化を学ぶ西条市の観光交流エリアです。今年開館10周年を迎える「鉄道歴史パーク in SAIJO」で、充実の一日をお過ごしください。

▼なぜ西条市に鉄道歴史パーク?
西条市は、第2代西条市長、第4代国鉄総裁を務め、熱い情熱と卓越した手腕で「夢の超特急」東海道新幹線計画を実現した十河信二氏の生まれ故郷です。「鉄道歴史パーク in SAIJO」は、西条市の名誉市民である十河氏の功績を紹介し偉業を顕彰ため、また鉄道文化の伝承と発展などにつなげるために設置されました。

▼鉄道歴史パークの魅力
四国鉄道文化館には、0系新幹線(昭和39年の新幹線開業時に登場した初代0系新幹線)、DF50形ディーゼル機関車1号機(日本でただ1台、走行可能な状態で保管。準鉄道記念物に指定されている)、C57形蒸気機関車1次車44号機(鉄道ファンからは「貴婦人」との愛称で呼ばれる旅客用蒸気機関車)、大型鉄道ジオラマなど、鉄道ファンや家族連れに大人気の貴重な展示が満載です。
十河信二記念館には、十河氏ゆかりの品々が展示されており、「雷おやじ」として親しまれた十河氏の人間的な魅力が肌で感じられます。

また、観光交流センターでは、お土産にぴったりの西条市の特産品や、「鉄道歴史パーク in SAIJO」のオリジナルグッズを購入することができます。そのほか、西条市に位置する西日本最高峰「石鎚山」のパネル、80台余りの屋台が市内を練り歩く豪華絢爛の秋祭り「西条祭り」の屋台実物なども展示しています。

四国鉄道文化館年間パスチラシ

鉄道歴史パーク in SAIJO

【入場料】
・四国鉄道文化館 大人300円 小中学生100円 就学前児童無料
 ※4月1日から、年間パスポートを販売しています!(大人1,000円 小中学生300円)
・十河信二記念館 無料
・観光交流センター 無料
【開館時間】
・四国鉄道文化館 9:00~18:00(最終入館17:30)
・十河信二記念館 同上
・観光交流センター 9:00~18:00(物産販売コーナー17:30まで)
【休館日】
・四国鉄道文化館 水曜日 ※水曜日が祝祭日の場合は、翌日休館
・十河信二記念館 同上
・観光交流センター 年中無休

取材依頼・記事掲載について

取材依頼・記事掲載などに関してのお問い合わせは、こちらよりお願いします。

今月の特集

全国商工会連合会
南アルプスの歩き方
世界農業遺産
【おでかけガイド】青森の歩き方
日本で最も美しい村を巡る旅

こちらもチェック!


PAGE TOP