明治の職人気分はいかが?【日曜限定】白蠟づくり・水打ち体験 | 日本の歩き方|観光ニュース | 国内旅行情報サイトの「日本の歩き方」

2017
07.07

明治の職人気分はいかが?【日曜限定】白蠟づくり・水打ち体験

かつて愛媛県の内子町は、和ろうそくや鬢付け油、医薬品、化粧品等の原料となる木蠟の生産で栄えた地域でした。国内最大規模の製蠟業者だった本芳我家の筆頭分家・上芳我家(かみはがけ)の邸宅は、現在木蠟資料館として展示棟を設け、木蠟生産の工程の模型や、重要有形民俗文化財に指定された内子及び周辺地域の製蠟用具1,444点の一部を展示しています。

3B

内子には「伊予式蠟花箱晒法(いよしきろうばなはこさらしほう)」という独特の木蠟の精製方法があり、生産量と質の飛躍的な向上をもたらしました。伊予式蠟花箱晒法では、冷水に溶かした木蝋を入れ、「蝋花」と呼ばれる結晶を作ります。

1

その後、「蠟蓋(ろうぶた)」と呼ばれる浅い木箱に入れて並べ、繰り返し日光に晒すと良質な白蠟ができます。晒している間は、蠟が溶けてしまわないよう水を打ちます。

2

上芳我邸では産業の衰退により、今では見られなくなってしまったこの「蠟晒し」の風景を再現し、作業工程の一部を体験することが出来ます。

当時作業に従事していた職人たちの苦労や工夫を体感してみませんか?

木蠟資料館 上芳我邸(重要文化財 上芳我家住宅)
(もくろうしりょうかん かみはがてい)

<開催日時>
毎週日曜日 10:00~15:00(雨天中止)
<場所>
愛媛県喜多郡内子町内子2696
<電話番号>
0893-44-2771
<料金>
大人500円/小・中学生250円
大人(20名以上)380円/小・中学生(20名以上)200円
※セット券(木蠟資料館上芳我邸、内子座、商いと暮らし博物館共通券)あり
http://www.we-love-uchiko.jp/spot_center/spot_c3/

取材依頼・記事掲載について

取材依頼・記事掲載などに関してのお問い合わせは、こちらよりお願いします。

今月の特集

全国商工会連合会
南アルプスの歩き方
世界農業遺産
【おでかけガイド】青森の歩き方
日本で最も美しい村を巡る旅

こちらもチェック!


PAGE TOP