「姫島」には夏ならではの魅力がたくさん! | 日本の歩き方|観光ニュース | 国内旅行情報サイトの「日本の歩き方」

2017
08.07

「姫島」には夏ならではの魅力がたくさん!

姫島村(ひめしまむら)は、大分県北東部にある一島一村の村です。国東半島の伊美港からフェリーで20分いくと、姫島村に到着します。本土より風が吹き夏なのにとても涼しいです。姫島村は「車えび」が有名で、その車えびのコースが格安でいただけます!車えびが一通り食べれる「車えびざんまい」コースがおすすめで、車えびおどり、車えび塩焼き、車えびフライ、車えび煮つけ…本当に車えび三昧です。調理に少し時間はかかりますが、美味しい車えびのため、じっと我慢です。運ばれてきた車えびの見た目はなんと美しい、身が輝いています。そして味の甘いこと甘いこと。さすが姫島の車えび、身の大きさといい味といい大満足です。
<姫乃家>
【住所】大分県東国東郡姫島村松原2089-10
【TEL】 0978-87-3956

えび

車えびで胃も心も満たしたら、姫島の七不思議に一つである拍子水温泉へ行くのがおすすめ。
温泉のそばに湧き水があり、凄い勢いで、湧き出てます!拍子水温泉は姫島七不思議の一つで、変わった名前には由来があります。日本書紀に登場し姫島の名前の由来にもなった神がお歯黒を付けた後、口をゆすごうとしたが水がなかったく、手拍子を打って天に祈ったところ、岩の間から冷泉がわき出たという言い伝えからこの名がつました。別名「おはぐろ水」ともいいます。
ここの温泉の源泉は約25度と温度が低めで、源泉そのままの冷たい冷泉と温水を加えた温泉(41℃前後)の二つが楽しめます。鉄分が多い湯なので茶褐色で、また遊離炭酸が豊富なので、お風呂の中はシュワシュワしてます。温泉から見える海も絶景です。
<拍子水温泉>
【住所】 〒872-1501  大分県東国東郡姫島村5118-2
【TEL】 0978-87-2840

こらむ1

また、村で代々伝わる「姫島盆踊り」が毎年夏に開催され、人気を集めています。
 この盆踊りは鎌倉時代の念仏踊りから派生したものといわれ、キツネ踊りをはじめアヤ踊り、銭太鼓、猿丸太夫などの伝統踊りと、新しい創作踊りがあります。なかでも、姫島盆踊りを代表する伝統踊りとして地元の子どもたちが踊るユニークな「キツネ踊り」があります。「キツネ踊り」は独特なキツネの化粧とユーモラスなしぐさの踊りです。また、「タヌキ踊り」もあり、キツネがあるのならタヌキがあっても良いのでは、ということからはじまったもので、ひょうきんな化粧・衣装と、何ともいえないユーモラスな踊りが融合し、人気を集めています。盆踊り終了後は、フェリーの夜間臨時便も運行されます。
<開催概要>
開催期間:8月14日~08月15日
開催地姫島村:中央広場(フェリー広場と各区盆坪)
問い合わせ:姫島村水産・観光商工課:0978-87-2279
HP:http://www.himeshima.jp/kanko/

ひめしま2

取材依頼・記事掲載について

取材依頼・記事掲載などに関してのお問い合わせは、こちらよりお願いします。

今月の特集

全国商工会連合会
南アルプスの歩き方
世界農業遺産
【おでかけガイド】青森の歩き方
日本で最も美しい村を巡る旅

こちらもチェック!


PAGE TOP