400年余続く多良間島の豊年祭八月踊り | 日本の歩き方|観光ニュース | 国内旅行情報サイトの「日本の歩き方」

2017
09.07

400年余続く多良間島の豊年祭八月踊り

福禄寿(トリミング後)

旧暦の8月8日から3日間に渡って行われる八月踊りは、1976年に国指定重要無形民俗文化財の指定を受け400年近い伝統を誇る祭祀です。演目は獅子舞、総引き、棒踊り、若衆踊り、女踊り、二才踊り、狂言、組踊で構成され、仲筋、塩川の両字で芸能が披露されます。今年は9月27日~29日の開催です。

多良間島の豊年祭八月踊り

日程:9/27~29(※少雨決行)
場所:多良間島 仲筋・土原御願、塩川・ピトゥマタ御願
  「多良間島空港」から車約10分(タクシーはありません。有料バス運行)
問い合わせ:多良間村観光振興課 0980-79-2260

取材依頼・記事掲載について

取材依頼・記事掲載などに関してのお問い合わせは、こちらよりお願いします。

今月の特集

全国商工会連合会
南アルプスの歩き方
世界農業遺産
【おでかけガイド】青森の歩き方
日本で最も美しい村を巡る旅

こちらもチェック!


PAGE TOP